明宝ジビエについて

~みんなのふる里を守るエコな未来の森づくり~


明宝にはイノシシ、ニホンジカ、山鳥などの野生鳥獣が多く生息する魅力あふれる大自然があります。
木の実などが豊富で、みんな山の恵みを頂いています。



明宝ジビエを作っているジビエ工房めいほうは、岐阜県の飛騨高地に位置する、郡上市明宝の山里にある解体処理施設です。国内トップレベルの衛生基準と設備を有し、"安全・安心" "おいしい"ジビエの提供と、里山を守るエコサイクルの形成を目指し、未来の山づくりへとつなげる活動を行っています。







明宝ジビエができるまで

食の安全・安心のために独自の高い衛生ルールを設け、柔らかく、くさみのない "安全・安心" "おいしい" を実現しました!


1.生体搬入

『ぎふジビエガイドライン』を遵守し、わな猟にて捕獲・生け捕り搬入します。
安全に気を付け、熟練したスタッフ、猟師が行います。搬入の際も、優しく大事に運搬いたします。現在、研究で明らかになってきていますが、罠猟で捕獲するほうが鹿肉のうまみ成分値が高く、美味しいお肉になることが分かっています。明宝ジビエが美味しくなる秘訣のひとつです。




2.衛生解体処理

止めさし後、1時間以内に処理完了します。
ナイフなど備品もこまめに煮沸消毒しながら、使い捨て手袋の取り換えタイミング、触れる場所へのビニール養生、解体手順など細かな独自ルールを設け、『ぎふジビエガイドライン』『国認証ガイドライン』以上に気を使い、畜産同様かそれ以上を目指しています。
この独自の衛生管理ルールは、これまでの経験と獣医師指導やジビエ振興協会との連携などにより、大変な作業ですが、常によりよくなるよう日々精進しています。
食の安全・安心をお届けするのが一番大事だと考えるからです。



3.衛生管理保管・出荷

お肉を保管する、冷凍冷蔵庫の温度管理、消毒、清掃作業はもちろん、生体搬入から商品出荷までのすべての作業工程は、『HACCAP』を目標に決められたルールで管理されています。
解体処理された枝肉のお肉は、適切な温度管理のもと肉質コントロールを施しています。
個体の捕獲時期、性別、重量などにより個体差が大きいジビエ。もちろんその良さもあるのですが、なるべくお料理される方が一定の処理で対応できるよう、チルド状態での水分と旨味のバランスを一定範囲内で出荷しています



ジビエ工房めいほうでは、地域の企業とタッグを組み、新しい特産品作りにも力を注いでいます。
明宝ハム×明宝ジビエのフランクフルトやウインナーを作り人気商品となりました!
また、地元の酒蔵『母情』の酒粕を使った鹿肉やわらか仕込みは、解凍して焼くだけで簡単に食べられるジビエということでご好評をいただいております。

>当サイトの明宝ジビエのご購入はコチラ



工房長のメッセージ

工房スタッフは女性ばかりで頑張っています。もちろん全員狩猟者です。
この豊かな明宝の山々が大好きで、ずっと続いてほしいふる里だと感じています。
山で鹿や猪を捕獲し、捨てずに食べ繋ぐことは、その未来を守ることになることを私たちは知っています。

「美味しい明宝ジビエ、食べてみんかなぁ!」




おすすめの食べ方

~岐阜市ビストロ・ミジョテの小池シェフ監修~
『超かんたん!鹿モモ肉のロースト』

焼きすぎないしっとりした食感の鹿のローストです☆ご自宅やBBQでどうぞ!

①鹿のモモ肉ブロックに全体に塩を振って1時間程度置いておく。
②フランパンに油をひいて高温で全面を焼く
③アルミホイルに包み、バスタオルに包む
④温度計で測り、60℃以上に10分保つ
⑤一切れ切って中身の色をチェック。
桜色程度であればOK!
赤身が強ければもう少し火を入れましょう。


>お家で簡単ローストディアのレシピ動画はコチラ

>鹿モモ肉ブロックのご購入はコチラ



明宝ジビエのご購入は当店にお任せ下さい

店頭に並んだパッケージのデザインも魅力の「明宝ジビエ」。多くお客様にご利用いただいております。リピーターのお客様も多く、商品も季節ごとに趣があります。店頭限定の品もございます。また、ジビエの副産物である鹿革を使ったアクセサリー、鹿角のランタンハンガーなどもございます。ぜひ道の明宝へお越しいただければ嬉しいです。


>明宝ジビエのご購入はコチラ



プレスリリース

<テレビ番組>
・ガイアの夜明け (テレビ東京)
・ゴゴスマ~GOGO!Smile!(CBCテレビ)
・近藤正臣のまるっと郡上! (NHK)

<雑誌・新聞>
・FIGAROjapon 
・婦人画報
・中日新聞
・日本農業新聞(ヤフーニュースPick up)
など




>明宝ジビエのご購入はコチラ

このページのトップへ

トップページへ