めいほう鶏ちゃんの里について


鶏ちゃん(ケイチャン)とは

『鶏ちゃん(ケイチャン)』は奥美濃と呼ばれている岐阜県の中心付近にある郡上市をはじめ、下呂市、高山市南部、中津川市北部で食べられている郷土食です。
鶏ちゃんは、鶏肉を味噌や醤油ベースのタレなどに漬け込み、キャベツや玉ねぎ、季節の野菜と炒めて食べる里山ならではの料理です。素朴ながらご飯もお酒も進む、地元民には欠かせない郷土料理です。


もともとは、卵を産まなくなったニワトリを里山の貴重なタンパク源として調理して食べたのが始まり。身近な食材、調味料で手軽に調理できることから、今では飲み会、BBQ、お弁当のおかず、毎日の食卓にと、明宝地域のソウルフードとして定着しました。

鶏ちゃんに使用する鶏肉の材料・調味料には様々なバリエーションがあり、まさにお店の数だけ、家庭の数だけ味があります!


郡上市明宝地区では1950年代から鶏ちゃんを販売している店や鶏ちゃんをだす飲食店があらわれ、今でも民宿旅館を含めると20店舗ほどが取り扱っています。パッケージ商品も約17種類ほどあり、当サイトでは14個の取り扱いがあります。
味は比較的、地味噌を使った鶏ちゃんが多く、部位や味付けにそれぞれのこだわりの詰まっており、それぞれのお店にファンがいます。同じ味のモノはなくどれも個性があり美味しいので、ぜひとも食べ比べをしていただきたいです。

>めいほう鶏ちゃんのご購入はコチラ



めいほう鶏ちゃんとは

めいほう鶏ちゃんとは、広義では『明宝で作られた鶏ちゃん』のことを指し、狭義では『B-1グランプリに出品した、明宝家製造のめいほう鶏ちゃん味噌味』を意味します。




めいほう鶏ちゃん研究会のまちおこし活動

2007年、『明宝の地域活性化』を目的に、地元の有志の飲食店や民宿旅館などがめいほう鶏ちゃん研究会が発足しました。
明宝地域において古くから食されてきた『鶏ちゃん』を愛する者が集い、明宝地域の郷土食である『鶏ちゃん』の継承を行い、持続可能な地域づくりと、地域の元気に繋がる活動を行っています。『めいほう鶏ちゃんの里』と銘打って地元や他地域にて鶏ちゃんを提供し地道なプロモーション活動を行っています。

 


全国的な活動として『ご当地グルメでまちおこしの祭典!B-1グランプリ』に出展しています!2011年から2018年までに8回参加し、全国の皆様に鶏ちゃんのおいしさと地域の魅力を伝えてきました。都会に暮らす明宝出身者や、明宝に興味がある人達が私たちの姿を見て、鶏ちゃんを食べて『明宝に帰ろうかな』『明宝に住もうかな』『最高に美味しい』『明宝が好き』と思ってもらえたならこれ以上の喜びはありません。

   
本当にたくさんのお客様にめいほう鶏ちゃんを食べていただきました!



  
田舎の小さな村だけど明宝の良さを全国の人に知ってほしい☆その一心です。


\自然がいっぱいで鶏ちゃんが美味しい岐阜県郡上市明宝へ、ぜひ遊びにきてください!!!☆/



近年、鶏ちゃんはご当地グルメという言葉が定着すると共に注目され、TVの旅番組や秘密のケンミンショーなど様々なマスメディアに取り上げていただけるようにもなりました!

>めいほう鶏ちゃんのご購入はコチラ



本当に美味い鶏ちゃんとは

今の世で美味しい鶏ちゃんはたくさんありますが、めいほう鶏ちゃん研究会の一員でもある当店スタッフが思う『美味しい鶏ちゃん』にはいくつか条件があると考えています。

一つ目は

『国産鶏を使用し、手づくりであること』


まず安心安全な良い材料を使うことはとても重要です。鳥の部位は、モモ肉が多く入っているものや、皮や卵巣・砂肝などが入った『皮肝』とよばれるものは、肉の旨味や油分があって美味しいです。機械でなくちゃんと包丁を使うと肉の繊維を無駄に切らずに美味しさを活かしてカットできます。
ちなみに明宝で作られている鶏ちゃんは全て国産鶏の手づくりです。

二つ目は

『タレの味付けにこだわることです』


鶏ちゃんのタレには基本的に味噌、醤油、砂糖、ニンニクなどの香味野菜を使いますがその調合具合で味付けは左右されます。お店はとにかく味にこだわり、作り主の黄金比率がタレの味を決めます。

三つ目は

『焼く時は分厚い鉄板で焼くことです』

鶏ちゃんを焼く器具はフランパン、焼き網、家庭用ホットプレートでも結構ですが、分厚い鉄板で焼くと別格の仕上がりになります。理由は、分厚い鉄板は蓄熱効果で安定した温度を保ち、熱が均等に加わり焼きムラがありません。一気に焼き上げ旨味を凝縮させて仕上げることができます。
また、明宝では昔からジンギスカン鍋を使用していました。適度に分厚いので蓄熱効果があり、余分な鶏肉の脂が流れ落ちるのでヘルシーで、仕上がりがベタつかずパリッとします。



スタッフが個人的に思う最高の味はB-1グランプリに出品した『めいほう鶏ちゃん味噌味』を屋台提供用の大鉄板で焼き上げたものをアツアツの鶏ちゃんです。最高の蓄熱効果でお肉の美味しさを存分に引き出しています!イベントなどでみかけたらぜひ召し上がってください!ご自分で焼かれるのであれば、当サイトで販売中の極厚鉄板で焼くのをオススメいたします。



>B-1グランプリ出品のめいほう鶏ちゃんはコチラ

>オススメの極厚鉄板はコチラ




果てしない鶏ちゃんの世界『アレンジ鶏ちゃん』

味付き鶏肉である鶏ちゃんはアレンジがしやすく、アイデア次第でどれだけでも楽しめる食材です。自宅で食べるとき、ほとんどの人が一味を加えたり、チーズをトッピングするなど自分好みにカスタマイズしています。また、加える野菜・具材によっても風味が変わります。もっとも簡単に出来るアレンジは、鶏ちゃん丼や焼きうどんです。

    
〈鶏ちゃん丼・鶏ちゃん焼きうどん〉


2013年にめいほう鶏ちゃん研究会でアレンジ鶏ちゃんを地元の人に食べてもらうシリーズ企画がありました。「自分たちがいつも食べている鶏ちゃんにこんな食べ方があるんだ!」と大好評でした!

  


その時に出されたメニューをご紹介します。研究会会員の感性と技術が光るメニューでどれも想像を超える美味しさでした!

   
〈鶏ちゃん唐揚げ・鶏ちゃんサラダ〉



  
〈鶏ちゃんビビンバ・鶏ちゃん天ぷら鍋焼きうどん〉


   
〈三種のキノコと鶏ちゃんトマトパスタ・秋茄子と鶏ちゃんドリア〉


2011年、地元・郡上高校とめいほう鶏ちゃん研究会がコラボして『めいほう鶏ちゃんまん』が誕生!(現在販売していません)


2014年、同高校が『ご当地!うまいもん甲子園』において『鶏ちゃんライスバーガー』を出品し、農林水産大臣賞を受賞しました!受賞後、地元の方に食べていただくために、生徒さんとめいほう鶏ちゃん研究会が共同して調理して、道の駅明宝で1日限定販売を行いました。

  

  

高校生のみなさんの独創性とひたむきな姿をみせていただき「鶏ちゃんはアイデアとやる気さえあれば、果てしない可能性を秘めた食材なんだなぁ」と再認識しました。

ぜひ、お気に入りの鶏ちゃんで、あなただけの鶏ちゃんの美味しい食べ方を探してくださいね☆






>めいほう鶏ちゃんのご購入はコチラ